相続

こんにちは!

今日からは心機一転、真面目な話をさせて頂きます。

今日のテーマは、相続。

そもそも相続とは、民法の条文によると、

第五編 相続

第1章 総則

(相続開始の原因)

第882条 相続は、死亡によって開始する。

とあります。これはそのまま皆さんご存知かと思われます。

ここで、相続が起きたときに専門手続を業務別に簡単にまとめると、次のようになります。

行政書士ができる業務

・遺言書の有無の確認

・相続人の調査

・相続財産(不動産)の調査

・遺産分割協議

登記関係(司法書士業務)

・相続(名義変更)登記

・所有権保存登記

・抵当権抹消登記

・会社役員変更登記

登記関係(土地家屋調査士)

・建物表示登記

・建物滅失登記

・土地分筆登記

・土地境界確定

裁判関係(弁護士・司法書士)

・遺言書の検認・開封

・遺言執行者の選任

・遺言内容の執行

裁判関係(弁護士)

・相続放棄・限定承認申立

・分割協議の調停・審判

・裁判所外での協議

・遺留分減災請求

財務関係(税理士)

・相続税の申告

・所得税の準確定申告

年金関係(社会保険労務士)

・埋葬費

・遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金

・埋葬料・家族埋葬料

・埋葬費・遺族厚生年金

・葬祭料・遺族補償年金

・未支給失業給付金

となります。

長くなったので続きはまたブログ見ていただけたら嬉しいです(^^)

本日も閲覧いただき、ありがとうございました😊