農地法

おはようございます😃

今日は農地法についてお話ししたいと思います。

まず、農地法第3条は農地を耕作目的で売買・貸借するとき、つまり個人や法人が耕作目的で農地を売買又は貸借するためには農地法3条許可が必要です。

次に、農地法第4条は農地を農地以外のものにするとき、つまり農地を転用する場合に、都道府県知事又は指定市町村長の許可が必要になります。

最後に農地法第5条ですが、これは3条と4条を組み合わせたようなもので、農地を転用するため農地の移転等を行う場合に、都道府県知事又は指定市町村の長の許可が必要です。

本日もご覧いただきありがとうございました😊